よこやまこどもクリニック

西尾市今川町 小児科・アレルギー科 よこやまこどもクリニック

〒445-0063 愛知県西尾市今川町大城43-1
TEL 0563-57-0711

予約システム

パソコン、携帯からご予約が出来ます。予約携帯サイトはこちら。

<総合Web受付ページ>
http://yokoyama.mdja.jp
※詳しくは「予約システムのご案内」をご覧下さい。

 

携帯サイトQRコード

QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  診療案内

診療案内

診療について

当院では交通事故、労災等は扱っていない為、それに関する診療はお受けできません。

 

発熱、咳、鼻汁や嘔吐、下痢などの症状

発熱、咳、鼻汁や嘔吐、下痢は小児にみられるもっとも多い症状の1つです。咳でも、湿った咳、乾いた咳、犬が吠えるような咳、2週間以上続く咳など、疾患によりいろいろな特徴がみられます。
また、嘔吐、下痢も多い症状ですが、嘔吐、下痢が同時に起ったり、1日以上続くと脱水状態になり点滴が必要になります。
これらの症状に対して、点滴、経口薬などで治療する面と、家庭で、特にお母さんにしていただくケアーがあります。
そのために適切なアドバイスを提供することに力を入れたいと考えています。

 

予防接種

最近、予防接種は個別接種(各医療機関での接種)が中心となり、接種する予防接種の数も増加し、複雑になっています。
平成25年4月からヒブ、肺炎球菌が定期接種になりました。その他ロタウイルス、B型肝炎、3種混合、不活化ポリオワクチンなどすべてを要領よく接種するのは簡単ではありません。医療機関での相談とスケジュール作りが必要になります。
インフルエンザウイルスワクチンは、おおよそ10月ごろから開始して、小学生までは2回(多くは1か月間隔)、中学生は1回接種となっています。

【当院で可能な予防注射】
不活化ポリオ、ヒブ(インフルエンザ菌、主に髄膜炎の予防)
小児用肺炎球菌ワクチン(主に髄膜炎の予防)、MR(麻疹、風疹混合)、みずぼうそう、おたふくかぜ
日本脳炎、ビームゲン(B型肝炎ワクチン)、4種混合(3混と不活化ポリオワクチン)、DT(ジフテリア、破傷風)、インフルエンザ(10月~12月ごろ接種)、ロタテック(ロタウイルス、冬季下痢症)

※詳しくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0563-57-0711 

 

インフルエンザ

大流行する冬が到来する前の11月頃に予防ワクチンを接種するのがお勧めですが、一般的には3~4週の間隔をおいて2回行います。
受けていれば完全に予防できるわけではありませんが、インフルエンザにかかってしまったとしても、重症にならずに済むことが多いです。

 

本院での迅速検査可能なウイルスや細菌

溶連菌、ロタウイルス(冬季に起こる嘔吐下痢症)、RSウイルス(幼少児に冬に起こる気管支炎)、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが迅速に検査できます。

 

低身長について

低身長の大まかな基準は、1学年(大まかに100名ぐらいとして)で1番か、2番の子は低身長の可能性があります。低身長の治療は多くないですが、検査によっては成長ホルモン治療が可能です。
また最近身長ののびが急に悪くなったなどの症状があったとき、クリニックを受診していただいて詳しくお話しできると思います。